火災保険の仕組み〜火災保険料の相場をお教えします!

【無料】申込は、1ページの入力で時間は約3分で完了!

★最大10社から火災保険の見積もりを取得!

★40万円以上も火災保険料が安くなった事例あり!

★見積もりが届くまで翌営業日〜1週間!

現在の火災保険の補償内容を把握せずに加入しているお客様が多数いらっしゃいます。

見直し・比較をすることで、同様の保険料で補償内容が充実したり

不要な補償を外すことで保険料を大幅に減らすことも可能です。

火災保険、払いすぎていませんか?

納得のいく火災保険の契約をするために

火災保険は、住宅の火災による被害を補償する損害保険の一種です。

 

 

火災の他に落雷、台風、雪、洪水、盗難や外部からの車の衝突事故などをカバーする火災保険も多く、住宅のリスク全般に備える保険としての役割も持っています。

 

しかし、生命保険や医療保険に比べて、火災保険は自分で選んで入ったという記憶がない方が多いのではないでしょうか?

 

その理由は、

 

火災保険を決める時は、住宅ローンも決めないといけない、オプションも決めないといけない、引越し会社も決めないといけない、「決めないといけない事」がてんこ盛りの時で、

 

みんな火災保険の優先順位が低く、住宅購入時に住宅ローンとセットで加入するケースや、賃貸を借りる際に家主指定の火災保険に加入するケースが圧倒的に多い為です。

 

実は、火災保険は、必ず不動産会社や銀行が勧めるものに加入しなければならないという決まりはなく、他の保険と同様に、自分で商品を選び、補償内容を決めることが可能です。

 

以前は、どの保険会社でも基本補償をセットにした火災保険を販売していたため、選択肢の少なさから、補償内容を深く検討されずにご契約されるお客様が少なくありませんでした。

 

ところが、今では補償や特約を自由に組み合わせる事が出来るものや、ご自身のニーズに適したプランを選択するだけのシンプルなものなどさまざまな商品が取り扱われています。

 

ご自宅がどのような被害に遭う可能性があるのか、リスクをしっかりイメージしながら、必要な補償を選択していく事がとても重要になっています。

 

また、そのように火災保険を吟味する事で、自分の住宅に必要な補償を確保しつつ保険料を大幅に節約する事が出来ます。

 

火災保険の保険金額は、保険会社が試算した建物の評価額を元に決める事が一般的です。

 

ただし、保険会社によって細かな試算条件が異なる為、必ずしも同額にはなりません。

 

保険金の相場を把握しておけば、多額の火災保険を掛け過ぎて余分な保険料を支払ったり、反対に保険金額が足りず充分な補償を受けられないといったトラブルを避ける事が出来ます。

 

当サイトでは、

 

火災保険、地震保険の基礎知識

 

火災保険料の相場

 

火災保険の見直しポイント

 

よくある質問Q&A

 

などお役立ち情報が満載です。

 

後悔しない、かつ満足のいく火災保険の契約をする為にも当サイトをフル活用してみてください。

【無料】他の一括見積もりサイトにはないSBI損保の見積もりが可能!

★2004年から火災保険見積もりサービスを提供し、10年以上の運営歴!
★火災保険の知識が豊富なコンサルタントがお見積もり!
★日本全国、土日祝日も対応可能!
複数の保険会社を比較することで、同じ価格で補償内容を充実させたり、
逆に不要な補償を無くして保険料を安くしたりできます。
火災保険の比較はこちらから